FC2ブログ

No.198 ペリリュー島の千人壕 その8

今日はペリリュー島に残る千人壕と呼ばれる旧日本軍の洞窟陣地です。水戸山と名付けられた山の斜面に作られています。その千人壕から表に出て壕の表面をみるとそこには黒く染まった部分がたくさんあります。この黒い跡は米軍による火炎放射器攻撃によって焦付いた跡です。前にご覧頂いた内部の様子でも黒く焦げた壁面があったのですが、その攻撃による苦しさ思っただけでも身震いがします。日本が悪い・アメリカが悪いそういう論議は意味のないことです。今はこういった事実をしっかりと認識し二度と同じ間違いを繰り返さず後世に伝えていくことではないでしょうか。

20190108DSC_5697_01.jpg

20190108DSC_5699_01.jpg

■千人壕の地図


※ということで、本日はこれで終わりです。またお会いしましょう。

戦史ランキング
スポンサーサイト



テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
リンク
プロフィール

英尾

Author:英尾
◆1953年東京都目黒区生まれ
◆横浜市在住、会社員生活約43年後に引退
◆零戦・飛燕等のプラモデル制作に興じていた小学生の頃、母親が買ってくれた集英社版「ジュニア太平  洋戦史全4巻」に興味を示し読みふけっていました。成長につれてすっかり小学生の頃の気持ちは影をひそめましたが、時は経ち40代になり再び頭の隅に追いやられていた気持ちが大きくなりサイパン島に行くことになりました。以来、太平洋戦争の戦争遺跡・遺構を巡ることも以前より増し、会社引退後にその記録をまとめる意味も兼ねてブログ化してみました。

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ